【柏崎市立北条小学校】親子学習そなえ館の見学(2017/06/27)

北条ネットワークを学んでいる北条小学校では、コミュニティセンターの授業で北条地区が、中越地震でも被害を受けたことを学んできました。そなえ館では中越地震の被害を紹介する施設ですが、北条の被害を学ぶには必要な内容が詰まっています。こういった施設間の連携もメモリアル回廊の強みでもあります。

s-IMG_8452s-IMG_8461

今回はお母さんたちから、沖地震の際にどうやって君たちを守ったのか思い出してもらって、親子で共有してもらうことも狙いの一つとしていました。そのため、そなえ館スタッフには、子どもだけでなく親にも当時を思い出してもらえるような内容にしてもらいました。お母さんたちも見学の最中、「そういえば・・・」と当時を思い

DSC_1226

出していただようでした。まちからに見学したときに、「次は防災工作もしてみたい!」という児童から意見もあったとのことで、工作も取り入れてもらいました。これらスタッフの体験談を聞いて工作をおこない、そしてこの講座を通して学んだ自分ができることを「防災宣言」として書いてもらいました。

 

 

そして今回は、親子トークとして、親から子へ当時の事で困ったこと、助かったことなどをお話してもらう時間を設けました。子どもたちがそれを付箋に書き取り、まとめていきます。ここでは、もっとお母さん達に対してファシリテートが必要だったと感じました。お母さんたちは当時の子どもの世話を当たり前と思っていて、子を守るためにずっとおんぶしてたとか、優先して食べ物わけてもらったとか、普通だったら大変と思うところもたいへんとは思っていなかったのです。大変だったことと聞いても出てこないんです。そこで、思い出を追加で質問に加えていただき、当時の事を振り返ってもらいました。

これらを班ごとにまとめ、最後は今日の事を作文にまとめました。先生から「題名には命を込めて!」と、説明があって、みんな熱心に書き込んでいました。経験してすぐ書くことで、より熱量のある作文になったようです。

DSC_1231

投稿者:|更新日:7月19日2017年