【柏崎市立北条小学校】災害食(2017/7/7)

北条小学校では、防災に関しての学習を続けています。食に関しても取り組みたいと意見が出て、栄養士の先生とともに、災害食について取り組むことになりました。事前に栄養士の先生と、担任の先生がメニューを考え、試作を行っての授業となりました。メニューは、「ごはん」「カレー」「ひじきの煮物」「ココアケーキ」の4種類です。
まずは先生から、災害食のお話です。防災食、非常食言った言い方ものあるようですが、災害時でも温かく栄養の取れるものを「災害食」だという説明から始まりました。
s-IMG_8574
栄養士の先生も、担任の先生も災害食でパッククッキングを取り入れた授業は初めての事と聞いています。そして4品とのなるとなかなか大変なはずですが、簡単お手軽な普段にも使える災害食なので、調理も進みます。ただし、調理ばさみで人参を刻むのは大変な苦労だったようです。参観に訪れていた保護者の方も、いざという時の備えとしてお手伝いをしていました。
s-IMG_8573
授業の最後に実はこのカレーはアレルギー対応食でカレールウを使っていないことが説明されました。普段何気なくしている食事も、思いやりの心や、普通に食べられる幸せを考える時間にもなりました。アレルギーを持つ子のお母さんにこっそりと対応メニューを聞いて今回のレシピをつくったそうです。

たった二コマの授業ですが、たくさんの学びが込められている授業でした。

 

北条のみんなから、取材に来ていた記者のお二人とともに、私も試食にお呼ばれされました。

美味しかったです。ありがとうございました。

投稿者:|更新日:7月19日2017年