【三条市立第四中学校】防災を学ぶ動機付けの講話(2017/5/24)

三条市立第四中学校の3年生を対象に防災講話を行いました。

第四中学校では校区内に3つの小学校があり、6月の下旬に開催される地域合同防災訓練で第四中学校の3年生がそれまで防災学習で学んだことを下級生、地域の小学生に自分たちで教える「四中レスキュー」という取り組みが毎年行われています。

今回は防災学習に取り組む動機づけとしての講話を行いました。昨年発生した熊本地震で実際に見て感じたこと、避難所の様子などのお話をしました。とても真剣に話を聞いていて、メモを取っている姿が印象的でした。

DSCN0357 DSCN0359

質問にも積極的に手が上がり、

「避難所は何か所くらいあったのか。何人くらいいたか」

「避難所の人が元の生活に戻るのは、どのくらいかかるのか」、

「ペットは避難所生活ではどうしたか」

等々、関心度の高さが伺えました。

DSCN0377 DSCN0374

最後に、一人の生徒から感想とお礼の言葉をもらい、「避難所で中学生でも出来ることがある」と言葉をもらい、頼もしく思いました。

DSCN0380

 

 

投稿者:|更新日:7月21日2017年